少し涼しくなったので加工場での作業も快適。

3m×1mの大きなダイニングテーブルと

2m×1mのワークテーブルの加工を木屑まみれになりながら

大工さん達が頑張っています。

 

 

大型木工機の導入で大きな材料のかんな仕上もスムーズ

この機械だけでは最終仕上げは無理。

最終仕上げは手仕事になります!

 

 

いたや工房が想うこと

凝ったデザインや派手な装飾はいっさい排除。
木、土、石、紙、そこにあるのは素材そのものの美しさ。
じっくり話して、しっかり選ぶ、そしてちゃんと建てる。
当たり前のことを当たり前に。
それを追求していくのが「いたや工房」の家作りです。

works | 京都・大阪・奈良・滋賀で自然素材を使った木の家を建てる いたや工房 (itaya-kobo.com)

トラックバック